【要注意!】中高年が膝の軟骨のすり減りを予防する正しい方法!

 

 

普通に日常生活を送っているだけなのに、膝が痛いと感じている中高年の人が増えているようです。

 

ちょっと歩いたり、立ち上がったりするだけなのに痛みを感じる人は注意が必要です。

 

中高年に多い膝の痛みについて、くわしく調べてみましょう。

 

 

●あなたの軟骨は大丈夫ですか?

 

人間の骨と骨の間にある関節部分には、関節軟骨があります。

 

この関節軟骨があるおかげで、骨と骨とが直接こすれ合うことなく、関節を動かすことができます。

 

 

しかしながら、この関節軟骨がすり減ってしまうことにより、痛みを感じたり炎症を起こしてしまう変形性膝関節症の人が増えているのです。

 

初期の症状はたまに痛みを感じる程度ですので、気にならない人が多いのですが、症状が進むと我慢できないほどの痛みを感じるようです。

 

 

加齢により筋肉量が減ることで、関節にかかる負担は増えてきます。

 

さらに肥満による体重の増加運動不足など、軟骨のすり減りにはさまざまな原因が考えられます。

 

また、変形性膝関節症は男性よりも女性に多く見られることが特徴です。

 

 

●軟骨のすり減りを予防する方法

 

では、普段の生活で軟骨のすり減りを予防するにはどうすればいいのでしょうか。

 

 

第一に必要な栄養素をきちんと摂ることです。

 

軟骨や関節を健康に保つには、ビタミンやミネラルが必要です。

 

野菜や海藻、果物などをしっかりバランスよく食べましょう。

 

 

そして筋肉をきたえるために、ストレッチや軽い運動をするのもおすすめです。

 

あくまでも膝に負担をかけない程度の軽いものを、毎日続けることが大切です。

 

肥満防止もかねて、ウォーキングするのもよいでしょう。

 

 

また、関節に良いといわれているコンドロイチンやグルコサミンのサプリメントを、食生活の補助的なものとして試してみるのもいいかもしれません。

 

少し普段の生活を見直すだけで、軟骨のすり減りは防ぐことができます。

 

高齢だからとあきらめないで、できることから少しずつ改善していくのが、いつまでも元気でいるための秘訣だと思います。

 

 

膝と腰の痛みをなんとかしたい!
そんな方におすすめのオオイタドリ配合サプリメントです!
芸能人も愛用している方が多数!
今なら全額返金保証付きですよ。
↓↓詳細はこちら↓↓